ニュース

最近の学会発表、論文、受賞など

取材・その他のニュースなど

  • 2021/8 NHKすくすく子育て「子供の事故予防」に協力しました。8/21.8/28に放送されました。

  • 2021/5 NHK神戸の取材「小学校の遊具の事故 兵庫県は全国3番目の多さ 対策は」に協力しました。

  • 2021/4 日本スポーツ振興センターの学校の遊具の事故の分析に協力しました。「固定遊具の事故防止マニュアル」が公開になりました。

  • 2021/4 消費者庁から「幼稚園等のプール活動・水遊びでの溺れ事故を防ぐために」が公開されました。作成に協力しました。

  • 2021/3 「不器用な研究者が本当に伝えたい話」に出演​

  • 2021/3 日本スポーツ振興センターから学校のスポーツ事故の啓発動画が公開されました。作成に協力しました。

  • 2021/2 東工大オープンキャンパス2020の模擬講義がYoutubeから公開されました。

  • 2021/1 HERO-Xの取材を受けました。​

  • 2020/11/8 東工大オープンキャンパス2020で、「模擬講義」を行いまいた。

  • 2020/10/8 毎日新聞の「ぶどうによる窒息事故」について必要な対策についてコメントしました。

  • 2020/8/15 日経ものづくり2020年8月号「事故は語る」で「としまえんの水上遊具の危険」について解説しました。

  • 2020/5/1 Udemyにて、NPO法人 Safe Kids Japanと作成した傷害予防の講座「「気を付けましょう」では事故は防げない。」を無料公開しました。

  • 2019/9 国民生活センターの特集号に高齢者行動ライブラリを用いたプロダクトデザインに関して、寄稿しました。

受賞など

  • 2021/9/9 第39回日本ロボット学会学術講演会において、第2回優秀研究・技術賞を受賞しました。

    • 濱田萌, 北村光司, 西田佳史, "手すり型力センサを用いた高齢者の階段の日常昇降特性のアンビエントな理解," 第38回日本ロボット学会学術講演会

  • 2020/12/25 第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2020)で、2件の発表が「優秀講演賞」を受賞しました。

    • 正田孝平, 宮崎祐介, 西田佳史, 北村光司, "深度情報を用いた日常生活空間内の三次元把持動作推定による身体機能の定量理解," 第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会予稿集(SI2020), E3-05, December 18, 2020

    • 濱田萌, 北村光司, 正田孝平, 宮崎祐介, 西田佳史, “在宅階段手すり型センサを用いた複数人の高齢者の昇降特性理解,” 第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会予稿集(SI2020), E3-11, December 18, 2020

  • 2020/11 データマイニングや行動理解に関して、技術協力をしたNPO 法人 Safe Kids Japanが、「運動器の健康 日本賞 優秀賞」を受賞しました。

  • 2019/12 センシング技術の国際会議ICST2019で、Best Paper Awardを受賞しました。

    • Kazuya Takahashi, Koji Kitamura, Yoshifumi Nishida, Hiroshi Mizoguchi, "Battery-less shoe-type wearable location sensor system for monitoring people with dementia," Proc. of the 13th International Conference on Sensing Technology, pp. 12-15, December 2 2019 (Macquarie University, Sydney, Australia) 

学会発表

  1. Mikiko Oono, Thassu Srinivasan Shreesh Babu, Yoshifumi Nishida, Tatsuhiro Yamanaka, "Empowering Reality: A new online education system for parents," Proc. of The Safe Kids Worldwide Childhood Injury Prevention Convention (PrevCon2021), 2021

  2. 大野美喜子,タス スリニヴァサン シリーシ バブ,西田佳史,山中龍宏. バーチャル家庭訪問による保護者向け傷害予防教育の実践,D&I科学研究会(保健医療福祉における普及と実装科学研究会)第6回学術集会「デジタル予防介入とD&I科学」.p.24.  July 3 2021

  3. 大野美喜子, 西田佳史, 北村光司, 山中龍宏, "学校安全のための児童参加型オンライン授業," 小児保健研究, Vol. 80(第68回日本小児保健協会学術集会講演集), pp. 201, 2021

  4. 田島怜奈, 内山瑛美子, 西田佳史, 山中龍宏, "動画を利用した保育園児の見守り状況の定量的時空間分析," 小児保健研究, Vol. 80(第68回日本小児保健協会学術集会講演集), pp. 200, 2021

  5. 山中龍宏、太田由紀枝、大野美喜子、北村光司、西田佳史, "製品の袋への表示で、豆による誤嚥・窒息を予防する," 小児保健研究, Vol. 80(第68回日本小児保健協会学術集会講演集), pp. 202, 2021

  6. 尾崎 正明, 内山 瑛美子, 西田 佳史, "状況のリスク比分析-分散表現に基づく状況の包括的分析-," 第35回人工知能学会全国大会予稿集, pp. 3J1-GS-6a-03, 2021

  7. 小森 健人, 西崎 美穂, 内山 瑛美子, 西田 佳史, "画像処理に基づく在宅乳幼児発達段階診断の試みーDenverⅡ発達判定法の画像処理化のための在宅データを用いた検討―," 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会予稿集, 1P1-H08, 2021

  8. [解説] 西田佳史, 大野美喜子, "子どもの日常生活を理解し, 状況をデザイン可能にする子ども学," 子ども学, Vol. 9, 2021

  9. [解説] 西田佳史, 宮崎祐介, 山中龍宏, "野外保育活動中の墓石転倒による死亡事故の調査から学ぶー死因理解のための遺族連携医療情報共有アプローチと工学的分析アプローチー," 子ども安全研究, Vol. 6, 2021 

  10. タス スリニヴァサン シリーシ バブ, 大野美喜子, 西田佳史, ”Empowering Reality: オンライン住宅環境診断に基づくその場湧活支援," 動的画像処理実利用化ワークショップ講演論文集, pp. 337-340, March 5 2021

  11. M. Ozaki, E. Uchiyama, Y. Nishida, "Relative Risk Among Home Injury Situations," Proceedings of the 8th UK-Japan Engineering Education Workshop (UKJEEL) , pp. 11, February 26 2021 (Niigata University)

  12. 尾崎正明, 内山瑛美子, 西田佳史, "状況介入デザインを可能とする分散表現に基づくベイズ状況リスク分析,” 第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会予稿集(SI2020), E3-03, December 18, 2020

  13. 正田孝平, 宮崎祐介, 西田佳史, 北村光司, "深度情報を用いた日常生活空間内の三次元把持動作推定による身体機能の定量理解," 第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会予稿集(SI2020), E3-05, December 18, 2020

  14. 濱田萌, 北村光司, 正田孝平, 宮崎祐介, 西田佳史, “在宅階段手すり型センサを用いた複数人の高齢者の昇降特性理解,” 第21回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会予稿集(SI2020), E3-11, December 18, 2020

  15. Moe Hamada, Koji Kitamura, Yoshifumi Nishida, “Ambient understanding of stairway ascension and descension by the elderly using a handrail-based force sensor.” Procedia Computer Science, Vol. 177, pp. 405-414, November 2020

  16. 濱田萌, 北村光司, 西田佳史, “手すり型力センサを用いた高齢者の階段の日常昇降特性のアンビエントな理解,” 第38回日本ロボット学会学術講演会論文集, 3H2-02, October 2020

  17. 内山瑛美子, 高野渉, 中村仁彦, 今枝秀二郞, 孫輔卿, 松原全宏, 飯島勝矢, 「転倒・骨折者へのインタビューデータを用いた転倒実態調査手法の検討」, 第38回ロボット学会学術講演会前刷集, 2H1-04, オンライン開催, 2020.10.9-11.

  18. Emiko Uchiyama, Hinako Suzuki, Yosuke Ikegami, Yoshihiko Nakamura, Shuji Taketomi, Kohei Kawaguchi, Yuri Mizutani, Tokuhide Doi, “Muscle Cooperation Analysis Using Akaike Information Criteria for Anterior Cruciate Ligament Injury Prevention”, 42nd Annual International Conferences of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society in conjunction with the 43rd Annual Conference of the Canadian Medical and Biological Engineering Society, Online, 2020.7.20-24.

  19. 今枝 秀二郞, 孫 輔卿, 内山 瑛美子, 田中 友規, スタッヴォラヴット アンヤポーン, 角川 由香, 馬場 絢子, 田中 敏明, 飯島 勝矢, 大月 敏雄, 「転倒・大腿骨近位部骨折で入院した高齢者の環境移行事例から見た多職種による建築的な転倒予防対策の検討<1>:自宅内の転倒原因となる建築的要因の解明」, 日本建築学会計画系論文集, 85 巻, 773 号, p. 1387-1395, 2020.7.30. (https://doi.org/10.3130/aija.85.1387)

  20. 内山瑛美子, 鈴木比奈子, 池上洋介, 中村仁彦, 武冨修治, 川口航平, 水谷有里, “スポーツ外傷予防のための筋張力時系列データ解析手法の検討”, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会前刷集, 1P2-G12, オンライン開催,2020.5.28-29.

  21. 西田佳史, "生体の免疫のもつ「二度なし」機能を傷害予防に応用する構想," 子ども安全研究, Vol. 5, pp. 12-15, 2020

  22. 平野景, 北村光司, 宮崎祐介, 西田 佳史, "行動データベースを用いた認知症高齢者によるプロダクトインタラクション挙動の比較検討手法の開発," 日本機械学会 第 32 回バイオエンジニアリング講演会講演論文集, pp-2D12, December 20-21, 2019 (金沢商工会議所会)

  23. 髙橋和也, 北村光司, 溝口博, 西田佳史, "バッテリレス靴型位置センサを用いた認知症高齢者モニタリング," 第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会(SI2019), December 14, 2020

  24. Kazuya Takahashi, Koji Kitamura, Yoshifumi Nishida, Hiroshi Mizoguchi, "Battery-less shoe-type wearable location sensor system for monitoring people with dementia," Proc. of the 13th International Conference on Sensing Technology, pp. 12-15, December 2 2019 (Macquarie University, Sydney, Australia) (Best Paper Award)

  25. Tsubasa Nose, Koji Kitamura, Mikiko Oono, Michiko Ohkura and Yoshifumi Nishida, "Data-driven Prediction system for an environmental smartification approach to child fall accident prevention in a daily living space," Procedia Computer Science (Proc. of the 9th International Conference on Emerging Ubiquitous Systems and Pervasive Networks (EUSPN)), Vol. 160, pp. 126-133, November 5th 2019 (Comibra, Portugal)

  26. Kei Hirano, Kohei Shoda, Koji Kitamura, Yusuke Miyazaki, Yoshifumi Nishida, " A Behavior Normalization Method to Enable Comparative Understanding of the Elderly’s Interaction with Consumer Products using a Behavior Video Database ," Procedia Computer Science(Proc of the 9th International Conference on Current and Future Trends of Information and Communication Technologies in Healthcare (ICTH-2019)), Vol. 160, pp. 409-416, November 6th 2019 (Comibra, Portugal)

原著論文

  1. Nobuo Matsuura, Yoshifumi Nishida, Shohei Harada, Kaoru Takahashi, Kazue Koshikawa, Shinya Konn, Nozomi Hosoda, Kimiko Deguchi, Utae Hotta, and Toshiaki Oka, "Study on the causes, types and mechanisms of childhood injuries-age and disease specificity-"  JMA J. 2021;4(3):246-253.

  2. Mikiko Oono, Koji Kitamura, Yoshifumi Nishida, TatsuhiroYamanaka, "Understanding context sensitivity regarding the use of child restraint systems in daily life in Japan," Accident Analysis & Prevention,Volume 159, September 2021, 106236 (https://doi.org/10.1016/j.aap.2021.106236) (in press)

  3. 内山瑛美子, 高野渉, 中村仁彦, 今枝秀二郞, 孫輔卿, 松原全宏, 飯島勝矢, 「転倒・骨折者へのインタビューデータを用いた転倒実態調査手法の検討」, 日本ロボット学会誌レター論文, 2021(印刷中)

  4. Tsubasa Nose, Koji Kitamura, Mikiko Oono, Michiko Ohkura and Yoshifumi Nishida, "Data-driven Child Behavior Prediction System Based on Posture Database for Fall Accident Prevention in a Daily Living Space," Journal of Ambient Intelligence and Humanized Computing, 2020

  5. O. Nomura, Y. Miyazaki, H. Takei, M. Terauchi, S. Kishibe, Y. Hagiwara, K. Kitamura, Y. Nishida, T. Yamanaka, "Complete Republication: Fall Injury while the Parent Is Operating a Bicycle with an Infant in a Baby Carrier,” JMA Journal, Vol. 3. No. 4, pp. 330-339, 2020

新しいメンバー

  • 2021年4月に、B4 3名が新たに配属になりました。

  • 2020年4月に、内山瑛美子助教が着任しました。

  • 2020年度、B4が3名とM1が4名の7名の学生が配属になりました。